はやしのブログ

2010年4月

鹿児島よりわざわざ来福していただいた西酒造の「マックス」こと眞喜志さん。2月位に連絡があり、4月にマックスを囲む会をして欲しいとの事。

てなわけで、4月21日(水)に酒乃店はやしのホームである越前市で開催しました。

 

まずは、打ち合わせしながら福井の名物「おろしそば」に舌鼓。昼一番より、『飲食店強化道場』を武生商工会議所3Fにて開催。

 

2010042113390000.jpg

 

普段、宝山を扱っていただいている飲食店の皆様にもう少し掘り下げた焼酎の在り方をレクチャー。正しいお湯割りの作り方や焼酎のイロハを教えていただきました。こういう会は今後も積極的に開催したいですね。

 

そして、夜の部は越前市の飲食店で「houzanを囲む会」を開催。約50名の大宴会!会場はすんごいことになってました。

 

IMG_3881.JPG

 

まずは、蔵人の命であるハッピを準備するマックス。看板を背負っての焼酎の会は気合いが入るよねー

 

 

DVC00112.jpg

 

いろいろな「宝山」に合わせて福井の旬の食材をカップリング。前割りしていただいた蒸撰シリーズを錫ちろりで燗をつけたり、芋焼酎をビールで割ったり、最後は焼酎原酒をアイスクリームにかけたりと今までにない芋焼酎の楽しみ方で会場は大賑わい。

 

IMG_3818.JPG

次々と提供されるお料理とhouzanの説明を丁寧にしていただきました。(...最初は)

 

 

中盤を過ぎる頃には酔っ払いが続出。誰も聞いてない状態でさすがのマックスも説明のしようがない感じ。

 

でも、この和気あいあいの酔っ払い感が焼酎であり、身近に飲んでいただいている証拠。

 

やっぱ焼酎はこうでなくっちゃ!

 

 

 

 

 

pm10:00無事houzanを囲む会も終了。まだまだ元気な方々と二次会へ。

皆さん遅くまでお付き合いいただきありがとうございました。

 

DVC00113.jpg

 

 

またこんな楽しい会を企画できるようがんばりまーす。その時はマックスまた宜しくねー。

そして、関係者の皆様大変お疲れ様でした。                                     hiro.

 

 

以前より知る人ぞ知ると言われる中華そばのお店が金沢にあると聞いており、一度は足を運んでみたいと思っていた中華そばの「神楽」さん。

ついにその時がきましたー。

 

開店がam11:30。その15分前に到着したんだけど、すでにお客様が待機中!

 

IMG_3740.JPG

 

趣のある看板をパシャリ。写真を撮っているうちに、どんどんと車が集まり、開店と同時に一斉に店内へ。平日なのに凄い賑わい。

 

色々とメニューがある中で私めの胃袋は1杯が限界。悩みみ悩んで「神楽そば」を注文。

 

チャーシュー、煮玉子、ワンタンが入ったフルコース。

IMG_3742.JPG  

 

 

        感動の出会い。

 

先ず、合掌。

店内には「15種類のダシが絡み合っているのでコショウは後からおかけください」との張り紙がー。

なので、そのままスープをレンゲで一口。

 

何という奥深いスープ。私の知る限り、これはまさしく重なり合った旨味の和食のだし。少し酸を感じるくらい(良い意味で)の旨味の透き通るスープに感激!

 

足で踏んでいるという自家製麺を一口。しっかりした歯ごたえの中にも以外に食べやすく、このスープだからこそこの麺かと脱帽。

 

そして驚きの炭火焼きチャーシューをパクリ。

豚ロースの旨味も物凄いのですが、燻製がかった炭の香り。燻した香りとスープと麺のバランスが絶妙に絡み合い、一杯の中華そばとなって目の前にある。

 

             すげぇ。

 

思わず口に出た言葉。これが中華そばというものなら、これは日本食の文化。そしてこのダシは和食の「椀」を三味線とすると、幾重もの音の集大成 オーケストラ。

 

IMG_3741.JPG  

 

ただただ予想以上に凄い中華そばでした。そして、先輩に詳しく聞いた所、昔はうどん屋だったとか。

だから和の職人の風を感じたのかと納得。

 

時間が折り合えばまた是非行きたい名店です。

                                         hiro.

富山市にあるイタリアンレストラン&ワインバー「ワイニスタ」に行ってきました 。オーナーソムリエである松谷幸司氏から半年前位にお便りをいただき、ようやく辿り着く事が出来ました。

以前より何度となく松谷さんにはワインの魔法をかけられてきました私め。期待せずにはいられません。

 

驚かせよう と何も連絡せず、ゆっくり扉をオープン!

松谷さん「あーーーーーーー」

はやし「抜き打ち検査です」

 

などとすこし照れながら久しぶりの再開。早速カウンターに案内されました。

 

少しお話をしながら先ずはプロセッコをオーダー。

  IMG_3743.JPGのサムネール画像  

 

合わせていただいたのが、富山産サクラマスのシャンパンマリネ。添えてある野菜も春を演出。

 

スイスイと飲んでしまい次は白ワインを注文。

 

 

IMG_3745.JPG

 

 

ホワイトアスパラガスのソテーと。旬のタケノコとアスパラガスの食感がこれまた良い。ソースとワインも相性バッチリ。

 

そう。これぞ春のワインの楽しみ方。

 

そして赤ワインと...。

 

IMG_3749.JPG

 

氷見産牛ほほ肉を赤ワインで煮込んだソースの手打ちパスタ。複雑で優雅な赤を優しく包むようなクリーム系ソースにヒデキ感激。

 

 

最後はデザートとグラッパ。

 

IMG_3753.JPG

 

日本食ではなじみが薄いディジェスティフ。フレッシュミントの香りを添えたバニラアイスを口に含み、グラッパを追いかける。最高に贅沢な時間に変身。

 

松谷さん含めスタッフの方々がみんなイケメン。そして会話が上手。とても良い気分で眠りに着く事が出来ました。

 

また、必ず抜き打ち検査に行きます。

 

                                          hiro.

先日、福井、石川、富山の日本酒を楽しむ会が金沢で行われました。日本酒業界ではや十数年。まだまだ出会っていない方々との交流を。という考えのもと、私めも元気に参加!

 

日航ホテルまでひとっ飛びー!(車ですが..)

 

DVC00106.jpg

 

海の幸、山の幸に恵まれた北陸の酒。日本酒を愛してやまないsake loverの私めもまだまだ出会いの無かったお酒たちにまずは...

 

 

初めましての御礼。

 

そして乾杯。

 

その後会場は日本酒争奪戦に突入!あれちょうだい、これちょうだいと蔵元さんはテンテコマイ状態!

 

先月の福井の酒の会同様、若い女性も多数参加!最近東京ではガード下の立ち飲み屋でも女性に人気があるとか...。

 

若い女性が親父化したのか、あるいは親父化していた飲み物たちが若い女性に合うように進化したのか...なにはともあれ旨いものは旨い!それは女性の方が敏感なのでしょう。

 

DVC00105.jpg

 

日本酒に夢中になりすぎて、いろいろあったはずのおつまみたちは即完売。ひょっとして日本酒よりもこちらへ先に並ぶべきだったか...。殆んど食べれず日本酒のみをがぶ飲み!さすがにほろ酔い状態に。

 

そんなこんなで知らない間に宴も酣(たけなわ)。その後のブースは台風が去った後のよう。

 

関係者の皆様、大変お疲れさまでした。

 

DVC00107.jpg

 

その後、いつも大変お世話になっている方々とお疲れ様会。またまた日本酒で乾杯。そこからまだまだ宴が続きましたー。

みなさま。楽しいお時間をありがとうございました!

                                                hiro.

越前酒乃店はやしの福井春山店は通称「片町」と桜通りの交差点角にあり、その名の通り、桜並木です。ようやく春の訪れを感じれる程になってきました!

 

 

IMG_3726.JPG

 

ようやく8分咲きってところでしょうか。今週は天気良さそう!(^^)!

夜の桜もライトアップしている所もあるみたいで、遂に春がきたーって感じですねー

 

 

桜のシーズンではまだ肌寒いですが、それでも「お花見」は日本酒で楽しみたいもの。今回はそんな「お花見」にピッタリのお酒をご紹介。

 

IMG_3728.JPG

 

ドメイヌソガ 

ル・サケ・ナチュレル 2009

自然派ビオロジック4年目の自社農場で栽培したお米で醸したsake。

精米歩合90%!近代的な高精米を避けて、米の旨味を表現する酒を目指しました。

自然をいただく!そんな気持ちにさせてくれる本来の酒の姿があります。

 

使用米  自社農場産 美山錦   精米歩合 90%

酵母 教会7号泡無し酵母   アルコール  16%

日本酒度  +2  酸度  3.0

750ml   1,575円

 

ドメイヌソガ

ミヤマニシキ 2009

ワインメーカーが趣味的に極少量作り上げる「採算を無視した酒」sakeにテロワールを感じていただきたいと思いを込め醸造しております。

 

使用米  自社農場産 美山錦   精米歩合 59%

酵母 教会7号   アルコール  16%

日本酒度  +2  酸度  2.4

750ml   1,890円

 

 

どちらも生酒での限定入荷!桜の木の下で風に吹かれながら楽しんでいただきたい。そんな日本酒です。是非お試しあれ!

フロンティア東条21が主催しますお酒の会に参加してきました。今回で17回を数える特A地区山田錦の会。渋谷にあります「リストランテASO」さんでのイタリアンと日本酒を満喫。ミシュランで2つ星の超人気店での会ということで、超楽しみにしていました!

 

DVC00091.jpg

最初の前菜の盛り合わせから凄い!ポルチーニのスープやオマールエビのマリネ、パルメザンチーズのエスプーマ、フォアグラのソテーなどと、最初からいきなり「磯自慢」大吟醸、「醴泉」純米大吟醸、「義侠」20BY純吟30、「松の司」大吟醸純米黒。

 

スペシャルなお料理とお酒。話声や笑い声、空気感もごちそう。スタッフの方々の接客がまた素晴らしく、スムーズ時間が流れていきます。

 

 

 

そして、次のお料理は...

 

DVC00092.jpg

 

からすみのパスタ。すりおろされたからすみが日本酒とマッチ。

「黒龍」火いら寿、「飛露喜」 山田錦 純米吟醸と合わせて。うーん。最高っ!

 

 写真こそ取り損ねましたが、甘鯛のヴァポーレ、イベリコ豚のローストなどと、「初亀」 山田錦 吟醸、「東洋美人」 壱番纏、「美丈夫」夢許、「明鏡止水」platinumなど。銘酒ぞろい。

 

 

そして、締めくくりのデザートがこれまた凄い。

 

DVC00093.jpg

 

"SAKURA"という名のなんとも春らしいジェラート。

この華やかな感じに合わせるのは...「十四代」純米大吟醸。

 

 

DVC00094.jpg

 

 

イタリアンと日本酒というコラボレーション。やはり日本酒は和食でしょうといっていた私め。日本酒の懐の深さに驚かされました。

こんな素敵な会をこちら福井の皆さま方にも体験していただきたいなぁ...。

 

今回のお酒の会ではとても贅沢な時間を満喫させていただきありがとうございます。関係者の皆さま。大変お疲れ様でございました。

1