はやしのブログ

2013年11月

11月に入り、めっきり涼しくなってくるこの季節。

 

 

 

 

本格焼酎も仕込み真っ盛りの最中に訪問させていただきましたので、またこのレポートを一読いただき、宮崎の空気感を感じていただければ幸いです。

 

 

 

何度お伺いしても再発見が多く、黒木本店の魅力が満載で、焼酎の一つ一つも勿論ですが、そのモノに携わる人、大地、空気感...

 

すべてにおいて伝えたい。

 

そう感じる蔵元さまです。

 

DSC00920.JPG

 

DSC00921.JPG

 

 

 

その神聖なる醸留所のいたるところにこだわりを感じ、そして微生物が醸すそのお酒たちに生命を感じる。

 

そんな貴重な体験をさせていただく事が、この業界で感じる『幸せ』です。

 

 

DSC00928.JPG

 

 

この黒麹をよーく見てくだささい。焼酎は微生物が醸しているんです。

 

 

DSC00934.JPG

 

 

上の写真は焼酎の一次もろみ。米麹で発酵させ、二次もろみに蒸した芋を投入します。

 

 

DSC00938.JPG

 

で。これが蒸留したての芋焼酎。にごっているのが特徴で、時間が経つにつれて透明になっていきます。

 

写真は山ねこの原酒で度数は約38度。旨すぎるっ。

 

DSC00941.JPG

 

 

ジョイホワイトの芋掘りも参加させていただきました。

 

 

 

こんな駆け足の写真だけでは伝えきれませんが、手造りのお酒たちをこれからも応援させていただきたいと思っています。

黒木本店の皆さま、今回お世話になりました同志酒販店の皆さま。

 

本当にありがとうございました!

1