はやしのブログ

2018年5月


「酒の濃(こまや)かなるは元(も)と多杯に在らず」


今日の書-テスト画像.jpg

  酒の本当のうまさは、杯を多く重ねることとは無関係である

  僅かでもよいから、ゆったりした思いで独り閑に飲むか

  あるいは、肚(はら)知りあった知己を迎えて心おきなく飲む場合に

  酒の味わいというものはいとど濃やかになり、心にしむものである。

  決して多く飲むのが良いのではなく、その必要もない。

  何事も数が多いのがよいとは限らない。


単に お酒をたしなむ方々を戒めるための言葉ではなく

「酒」の一字を他のものに置き換えると、含蓄豊かな座右の銘となります。


【公案】   不徹底に数多く公案を透過するより、僅かの公案でも徹底して
       痛快に透過することの方が禅では意味を成す。


【読書】   ある段階においては多読も必要であるが、読書の真の要訣はが
       良書を反復熟読し、その妙味をよく咀嚼し玩味すること大切。


【茶】    大寄せの茶会などに行くと、多くの茶席を慌ただしく駆けまわる人もいるが
       それでは、亭主のせっかくの濃やかな心入れが良く味わえない。


今日の「書」は、 私たちの最も身近である 「酒」 の喩えだった為、

いつもよりぐっと心にとまる言葉でした。

Jun.
「甘くて飲みやすい日本酒を」。

様々な醸造方法の中から試作を重ね、たどり着いたこの1本。

「黒龍 純吟」を仕込水代わりに使用した、アルコール度数12%の<黒龍 貴醸酒>が、ついに登場!

長期に渡りじっくりと構想を練り仕上げた、黒龍酒造の新しい挑戦と試み。

この小瓶の中にギュッと濃く詰まってます!

確かに、これまでの黒龍ラインナップの中では甘さがあり、

日本酒の苦手な方や女性の方にもおススメしやすい味わいになっています。

が、そこはやはり黒龍。

ただ甘く終わりがちな貴醸酒が多い中、後味に黒龍らしいほのかなスッキリ感があります。

ちょっとした手土産に、プレゼントにもいかがでしょうか。

お肉料理にも合わせやすい仕上がりで、食中酒としての幅も広がります♪


【黒龍 貴醸酒】  150ml/500円 (税別)



黒龍貴醸酒.jpg


イタリア シチリアから届いた本場のレモネードとはこの味だ!と巷で大絶賛の"レモネードのもと"。

原料のレモン、きび砂糖もすべて完全無農薬。

保存料の添加も一切ナシ!

気に入っている 自然派ワインで信頼のおけるインポーターさんからの案内を受けて

どうしても気になって仕方がなかったアイテムです(笑)


これからの季節にぴったりの、このレモネードのもとが素晴らしく美味しければ

ブログでのご紹介しよう!




そして、

こうやってブログにアップ


ということは・・・



そう

めちゃめちゃ 美味しいのです!


国内で他に市販されているレモネードにここまでのクオリティのものが他にあるのか・・・?

健康な柑橘の風味が詰まった、レモンの果肉さえ感じるクオリティは期待以上!


まずは リモナータ1 : 炭酸水3 の割合でお楽しみください。

あとはお好みで調節を ^^

大いにご満足いただけるはずです。
 Jun.

リモナータ マードレ/サバディ  333ml   1,500円(税別) 

リモナータ.JPG

1

月別