はやしのブログ

日高見 「助六江戸桜」。

新商品「助六江戸桜」。 名前の由来は歌舞伎の演目<助六由縁江戸桜>。歌舞伎宗家市川團

十郎 家のお家芸である歌 舞伎十八番の一つで、通称「助六」とも言われます。 主人公の助六

と恋仲になる吉原の花魁、揚巻。揚巻の「揚」がいなり寿司、「巻」が海苔巻 き、その二つ

を詰め合わせたものが<助六寿司>の由来だそうです。 お鮨とお酒を追求する日高見が、江

戸前鮨と歌舞伎の繋がりを知り、それを具現化したのが この「助六江戸桜」。 歌舞伎的な解

釈を取り入れ ると、幕の内に楽しむカジュアルな日本酒 がコンセプトになり ました。」とい

う蔵元の言葉 通り、幅広い食事のスタイルで気軽に楽し める純米大吟醸に仕 上がっていま

す。                                                                    saki.

「日高見 純米大吟醸 助六江戸桜」 1800ml/3,500円(税別)

日高見助六江戸桜.jpg

月別