はやしのブログ

日本酒

先日の西日本豪雨災害時に被災した、山口県の獺祭蔵元より、

復旧の酒として 「純米大吟醸 獺祭 島耕作」 が8月10日(金)全国一斉発売となります。

先日の豪雨災害時にタンクの中で発酵中だったお酒です。

停電により、温度変化の影響を受けてしまったタンクのお酒たちは、蔵元が目指す

完璧な獺祭の基準に達していない...

しかし、これらのお酒で、被害を心配してくださっている皆様の想いに応え、

自社のみならず、被害を受けた様々な地域の役に立てるように、と

ポジティブな形で世に送り出されることなった、復旧のお酒です。

島耕作ラベル.jpg

純米大吟醸 獺祭 島耕作 720ml   1,200円(税別) (ご購入可能本数はスタッフまで)

みなさまからの温かなご支援を賜れますと幸いです。
                                                                                                                                 Jun

甚大な被害をもたらした2017年7月の西日本豪雨。多数の死者・行方不明者、土砂崩れ、

インフラの崩壊、断水、住宅 被害、猛暑など被災地は過酷な状況が続き、被災された方々の

苦しみ、 疲労は日々増すばかりの現状 。私たちに少しでも出来る事、探してみませんか。

亜麻猫オーク.jpg

【新政 亜麻猫オーク2016 西日本豪雨復興支援ボトル】720ml/2,130円(税別)

お一人様1本限りで、7月26日(木)販売開始。

1本あたり、900円がしかるべき機関に寄付されます。

皆様の温かいご支援をよろしくお願い申し上げます。    saki.

新商品「助六江戸桜」。 名前の由来は歌舞伎の演目<助六由縁江戸桜>。歌舞伎宗家市川團

十郎 家のお家芸である歌 舞伎十八番の一つで、通称「助六」とも言われます。 主人公の助六

と恋仲になる吉原の花魁、揚巻。揚巻の「揚」がいなり寿司、「巻」が海苔巻 き、その二つ

を詰め合わせたものが<助六寿司>の由来だそうです。 お鮨とお酒を追求する日高見が、江

戸前鮨と歌舞伎の繋がりを知り、それを具現化したのが この「助六江戸桜」。 歌舞伎的な解

釈を取り入れ ると、幕の内に楽しむカジュアルな日本酒 がコンセプトになり ました。」とい

う蔵元の言葉 通り、幅広い食事のスタイルで気軽に楽し める純米大吟醸に仕 上がっていま

す。                                                                    saki.

「日高見 純米大吟醸 助六江戸桜」 1800ml/3,500円(税別)

日高見助六江戸桜.jpg

フランス人によるフランス人のための、フランスの地で行う日本酒のコンクール、
 
「KURA MASTER」。審査員はフランス人のソムリエ、レストラン関係者、ホテル・料理
 
学校関係者などのプロフェッショナルたち。さて、そんな「KURA MASTER」。2018年の受
 
賞酒が発表されました。【純米酒部門】【純米吟醸&純米大吟醸部門】【(デザートに合
 
う)にごり酒部門】の3部門で審査され、その結果、当店でもお取り扱いしているお酒たち
 
が多数入賞しました。中でも【純米酒部門】で、長崎県の<ちえびじん 純米酒>、大分県
 
の<福田 純米山田錦>が最高位である「プラチナ賞」を受賞!ここ最近の九州勢の飛躍に
 
は目を見張るものがありますね。また、このプラチナ賞受賞酒の中から更に審査員長が選ぶ
 
「プレジデント賞」に、<ちえびじん 純米酒>が選ばれました!最高位プラチナ賞の中の
 
最高峰です。おめでとうございます!
 
世界に広がる日本酒たち。これから先、もっともっとたくさんの人々が口にし、ワインのよ
 
うに世界中で愛されるお酒になってほしいと願っております。
                                                          saki.



kuraMASTER2018.jpg

6月14日に皆造(かいぞう)を迎え無事に酒造りを終えた吉田酒造店。

「吉田蔵」シリーズは蔵の周りの酒米のみを使用、最高峰のお酒も地元の酒米で挑戦。

仕込水と同じ水で育った米で仕込むという、地元本来の姿を体現した造りを行いました。

自然との共存、大地のエネルギー、発酵のエネルギーを自然の形のままにしてお酒を醸す。

「自然派」に舵を切った吉田蔵シリーズは、新ラベルにもその想いが込められています。

ラベルには<純米酒><大吟醸>などの特定名称を表示していません。

「スペックではなく、お酒のコンセプトをイメージして飲んでほしい」。

新たに生まれ変わる吉田蔵の日本酒を、どうぞ感じるままにお楽しみ下さい。

                                                                            saki.

 【吉田蔵】シリーズ    ※税別

純米酒・・・1800ml/2,200円 720ml/1,100円

大吟醸・・・1800ml/2,700円 720ml/1,400円

純米大吟醸・・・1800ml/3,100円 720ml/1,650円


吉田蔵.jpg
「甘くて飲みやすい日本酒を」。

様々な醸造方法の中から試作を重ね、たどり着いたこの1本。

「黒龍 純吟」を仕込水代わりに使用した、アルコール度数12%の<黒龍 貴醸酒>が、ついに登場!

長期に渡りじっくりと構想を練り仕上げた、黒龍酒造の新しい挑戦と試み。

この小瓶の中にギュッと濃く詰まってます!

確かに、これまでの黒龍ラインナップの中では甘さがあり、

日本酒の苦手な方や女性の方にもおススメしやすい味わいになっています。

が、そこはやはり黒龍。

ただ甘く終わりがちな貴醸酒が多い中、後味に黒龍らしいほのかなスッキリ感があります。

ちょっとした手土産に、プレゼントにもいかがでしょうか。

お肉料理にも合わせやすい仕上がりで、食中酒としての幅も広がります♪


【黒龍 貴醸酒】  150ml/500円 (税別)



黒龍貴醸酒.jpg


北陸に大雪をもたらした大寒波。ここ福井県でも、福井市の平野部でまさかの積雪140㎝を

記録。交通機関、流通がストップし、スーパーから食材が消え、ガソリンや灯油も底をつ

き、夜通し除雪するも追い付かず・・・雪の捨て場もなく疲労困憊となったこの二週間。

まだまだ復旧途中、完全とは言えないながらも少しずつ日常が戻って来ました。。。

そしてついに待望の<浦底>が入荷!

たくさんのお問い合わせありがとうございます。店頭販売のお知らせです。

※「浦底」は、瓶詰をしてみないと何本出荷出来るか分からない特異性のあるお酒につき、

事前のご予約を承っておりません。予めご了承ください。

 

【早瀬浦 浦底】1800m/3,200円 720ml/1,700円(税別)

<店頭販売日> 2月17日(土) AM10:00~

※お一人さま「1升」まで。

※ご来店による店頭販売のみ。事前予約、お取り置き、お預かりは出来かねます。

<お得意先注文フォーム 販売日> 2月19日(月)AM10:00~

※お一人様「1升」まで。

※ご用意出来次第発送可能なお客様のみ、承り致します。

 

今回入荷分は、大雪と戦う福井の皆様へ応援の意味を込めまして<地元優先>で店頭販売を

させて頂きたく存じます。もしも2回目・3回目の入荷があり県外へお住いの皆様へもご用意

出来る状態になりましたら、あらためてご案内させていただきますので何卒よろしくお願い

申し上げます。 浦底.jpg

早いもので2017年もあッという間に過ぎ去り、2018年の足音が近づいております。

この一年、越前酒乃店はやしをご愛顧賜り誠に有難うございます。

スタッフ一同心より御礼申し上げます。

来年も皆様へ美味しいお酒をお届け出来るようスタッフ一丸となって務めて参ります。

引き続き変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

さて、年明け早々、大注目のお酒が入荷します。

「新政 新年純米しぼり」 720ml/1,667円

「新政 H29東北清酒鑑評会優等賞受賞酒」 720ml/5,556円

「而今 純米吟醸八反錦無濾過生」 1800ml/3,000円 720ml/1,500円

どれもこれも、ぜひぜひ口にして頂きたい逸品ばかり。販売方法、販売日詳細は

お知らせページをご覧下さい。

それでは皆様、よいお年を!

山口県岩国市の、山あいの小さな集落・獺越(おそごえ)に蔵を構える旭酒造。人口は千人

にも満たない限界集落。酒米の王様「山田錦」のみを使用し、精米歩合23%という驚愕の純

米大吟醸を始め、詳細なデータによる徹底的な品質管理、お酒の圧力ではなく遠心力で搾る

という遠心分離システムを導入するなど、日本酒業界の常識を覆す酒造りから銘酒<獺祭>

は生まれました。杜氏はおらず、業界内でも最高基準、最先端の取り組みで社員が酒造りを

行っています。日本のみならず、世界中を魅了する<獺祭>。美味しいお酒、楽しむお酒を

飲み手に届ける為の努力と、ただひたすらに醸す実直さを、ぜひ感じてください。

2017年11月20日、いよいよ越前酒乃店はやしにて販売開始です!

 

獺祭.jpg

いよいよこのシーズンになりました!

当店が自信を持ってお届けする日本酒特別頒布会。




今年は更にパワーアップして登場!


頒布会初登場の【而今】【福田】【常山】をはじめ、
 
酒乃店はやしに初登場の【ちえびじん】等々、
 
今年もバラエティーに富んだラインナップですよ。
 
もちろん、頒布会だけしか飲めない特別瓶詰も多数!
 
蔵の皆さんもはやしのスタッフも気合い入ってます。

昨年も早々に完売してしまったので、ご興味ある方は是非チェックを!
 
 
日本酒特別頒布会2017.jpg
 

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

月別